クレジットカード更新には審査がある?

クレジットカードは、更新のときに再度審査が行われています。これは、申し込んだときと、現在の状況がどのように変わっているのかを確認することになります。勤務先が変わったり、住所が変更したりといった場合は、自分できちんと変更届けを出しておく必要があるでしょう。住所の変更などをしていなくて、更新後のカードが送られてきた際に受け取りができなければ、そのまま解約となってしまうケースもあります。

クレジットカード会社、利用者はその信用で成り立っているわけですから、少しでも信用が減ってしまう要素があればクレジットカード会社は、利用者を解約してしまうということもできるわけです。

クレジットカードの更新時の審査は、個人信用情報機関で照会することで行っているようです。クレジットカード以外に、キャッシングなどの借り入れを多くしている場合や、その延滞がないかといったことで信用度を測っているわけです。

通常であれば、特に心配する必要はありませんが他で借り入れなどをしていて、延滞してしまったことがある場合は、最悪の場合強制退会や更新拒否になってしまう可能性があることを知っておく必要があります。

とにかくきちんとクレジットカードを継続して利用したければ、延滞、入金忘れに充分に注意しておきましょう。個人信用情報に載っている延滞などの履歴は、クレジットカードをごく少額利用してその引き落とし日に入金を忘れていてそのまま延滞の履歴がついてしまったものというのがとても多いのです。
関連